オーストラリア留学の魅力 TOP > ページ一覧 > オーストラリア語学留学の学生ビザのメリット

オーストラリア語学留学の学生ビザのメリット

オーストラリア語学留学の学生ビザのメリット

オーストラリアへの語学留学は根強い人気を誇っており、多くの学生が期間を問わず、語学留学しています。特にここ数年は学生ビザでオーストラリアに留学するという人が増えています。少し前まではワーキングホリデービザによる語学留学が主流となっていましたが、学生ビザのメリットの多さやワーキングホリデービザの制度の限界など様々な要因があり、その結果、学生ビザによるオーストラリアへの留学につながっているようです。

ワーキングホリデービザの場合、語学学校に通うことができるのは最大4カ月となります。ワーキングホリデービザはあくまでも労働が主な目的であり、働くことの制限こそそこまでないものの、語学留学という観点で考えると、あまり得策とは言えません。4か月で身につけることのできる語学力は、残念ながら限られています。学生ビザの取得は、政府が認定する語学学校のコースをフルタイムで受講することが条件となっており、みっちり語学を学ぶという場合にはおすすめであり、学生ビザであれば、教育のプログラムの期間内であれば滞在することが認められています。そのため、心おきなく、オーストラリアで語学を学ぶということができるようになります。気になるのは学生ビザでもアルバイトができるかどうかですが、学生ビザであったとしても、就労は可能です。2週間で40時間、週あたり20時間までの就労が認められており、これらの学費をアルバイトで賄うこともできるようになっています。また、学校の休暇期間などは無制限に働くことも可能です。わざわざワーキングホリデービザに頼らなくても、学生ビザならばじっくり学ぶことができます。

もちろん、学生ビザを利用する場合、語学学校の出席率が80%以上でなければならないこと、平均以上の成績を残すことなど規則が厳しく、それをクリアできないとビザが取り消され、日本に帰国せざるを得ない状況となります。また、学生ビザを取得する際には十分なお金を事前に用意しておくことも求められますが、これに関してはワーキングホリデービザでも言える話です。学生ビザを利用する場合には語学勉強に本腰を入れて臨むことが求められます。そして、休暇の期間に一生懸命働き、ここで学費などを調達することをすれば、授業が再開した時も余裕が生まれます。その過程で語学力も向上し、コースを修了する時には高いレベルの語学力を身につけて日本に帰国することができます。